「西条市SIB つながり広がるチャレンジ応援事業」特集ページ

 

西条市版SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)とは?

本事業は、西条市・㈱愛媛銀行・プラスソーシャルインベストメント㈱の3者協定のもと、地域課題の解決に向けて実施するものです。


「西条市版SIB」とは、賛同してくれる個人や法人からの出資(投資)を事業資金として民間事業者がプロジェクトを実施し、プロジェクト開始前(採択時)に決めておいた成果目標を達成した場合、市は交付金を中間支援組織に交付し、それを原資として出資者に出資金元本を償還する仕組みです。

今年度で実施4年目を迎える本事業では、これまで7つのプロジェクトがみなさまからの出資を受けて事業を実施し、成果を達成しています。

 

事業分野

この事業は、地域でチャレンジを応援することで市⺠の地域貢献の⼿段が広がり、多様な⼈の関わりで、より暮らしやすい地域を作っていこうとするものです。

また実施事業者にとっては、⾃分たちのチャレンジが地域にどのような効果を⽣むかを発信し、共感の輪を広げることで、そのチャレンジが地域に根付き、可能性を広げることにもつながります。

 

事業テーマ

(1)SDGs達成につながるもの(※)
また、プロジェクトを通じて目指す「実現したい将来の地域の姿(状態)」が明確で多くの人の共感を呼ぶもの。

 

(2)主に西条市内で活動し、西条市民を含む多くの人へのサービスを生み出すもの。

 

(3)プロジェクトに継続性があり、将来的に地域の雇用創出につながる可能性のあるもの。

 

※SDGs…持続可能な開発目標。貧困や不平等・格差、気候変動などさまざまな問題をすべての人が協力し根本的に解決することを目指す、世界共通の17の目標です。

SDGs17のゴール目標

〜お知らせ〜

▼オンライン出資説明会

事業の詳細や、出資(投資)手続き方法などについての説明会を開催します。

【開催日時】

2021年8月26日(木)19:00-20:30(アーカイブ配信中)


【老舗こんにゃく店一柳のベトナム文化交流プロジェクト】~誰もが住みやすいまちへ! ~


【睦TSUMIの西条まつり伝統工芸継承プロジェクト】 ~地域の文化・職人の手しごとの価値を守り伝える~

 

▼出金時の事務手数料無料について

分配金はデポジットに支払われます。
デポジットから出金を行う場合に、通常1件あたり500円の事務手数料をご負担いただきますが、西条市版SIBのプロジェクトに出資されている方の出金については1回分を無料とさせていただきます。


※ 2021年度西条市版SIBのプロジェクトに出資をされた方の
 出金時の事務手数料の無料有効期限は、2022年9月30日(金)です。
※ 2020年度西条市版SIBに出資された方の
 出金時の事務手数料の無料有効期限は、2021年9月30日(木)です。

デポジットサービスについての詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

採択事業者

株式会社一柳

【老舗こんにゃく店一柳のベトナム文化交流プロジェクト】 ~誰もが住みやすいまちへ! ~

 

株式会社一柳 一柳 美枝子さん(写真右) / の様子

 

株式会社一柳は、こんにゃく・こんにゃく菓子の製造、ベトナム食材・ベトナム料理、惣菜の販売をしています。多くの外国人研修生を受け入れる中で、外国人への疎外意識の軽減、相互理解を高めたいと考えていました。

本プロジェクトは、ベトナムフエ市と友好都市提携を結ぶ西条市で、こんにゃく・こんにゃく菓子・ベトナム料理の小売店を出店します。また、ベトナム人店長の採用・外国人技能実習生の活用や地元の雇用創出、地元名産品とのコラボ商品を開発します。人々の交流機会・文化交流を通して、多様性のある誰もが住みやすいまちを目指します。

 

→【老舗こんにゃく店一柳のベトナム文化交流プロジェクト】詳細・募集ページ

 

 

睦TSUMI

【睦TSUMIの西条まつり伝統工芸継承プロジェクト】 ~地域の文化・職人の手しごとの価値を守り伝える~

 

睦TSUMI 石水 睦津美さん / の様子

 

西条市で江戸時代から続く伝統ある祭り「西条まつり」。伝統工芸コーディネーターである睦TSUMIは、この祭りを支える「伝統工芸」を次世代へ継承するため、工芸を身近に感じ価値を知る人を増やしたいと考えています。

本プロジェクトは、西条市の伝統工芸の技術や背景を、まずは「知る」ことが重要と考え、小冊子を製作し配布します。また、市内の職人から話を聞く工房見学、だんじり提灯をピックアップした販売促進・体験型各種イベントを開催します。職人の技術、応援の輪を広めることで、伝統工芸に関わる人の増加や伝統工芸文化の存続を目指します。

 

→【「睦TSUMIの西条まつり伝統工芸継承プロジェクト】詳細・募集ページ

 

応援メッセージ

西条市長 挨拶

西条市は、四国・愛媛県の東部に位置し、南は西日本最高峰の石鎚山、北は瀬戸内海に囲まれ、気候は温暖で、豊富で良質な自噴水「うちぬき」に代表される豊かな自然環境をはじめ、古刹や名湯といった魅力的な観光資源も有しています。

また、多種多様な農作物の一大産地であるとともに、数々の工場が立地する四国最大規模の工業地帯を形成しています。

豊かで活力ある我がまち西条市ですが、人口減少・少子高齢化の進展の中、働き手世代の減少やそれに伴う地域産業の衰退、あるいは地域コミュニティの希薄化など、今後様々な社会的課題に直面することは避けられず、もはやそのすべてを行政だけで解決することはできません。地域の力を結集してまちづくりを進めていく時代です。

さらに、世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス感染症は、人々の暮らしや社会経済活動にも多大な影響を及ぼし続けています。今こそ、他者を思いやる気持ちを原点に、皆で協力してこの難局を乗り越え、真の意味で「持続可能な西条市」を目指そうと、今年度の市政運営のキャッチフレーズに「共創」を掲げ、日々邁進しております。

地域に様々な挑戦が生まれていくことは重要ですが、それらが軌道に乗り成果を創出するには、周囲の温かい応援や協力が欠かせません。


西条市版SIBは、地域で生まれる新たな挑戦を、「出資」という応援の形で周囲が後押しし、その関わりがまた更なる広がりを生むものであり、まさに、新たな価値を皆で共に創っていくものであると認識しております。

今後もより一層、地域のあらゆる資源の活用や循環、新たな産業の創出によるソーシャルイノベーションの導出など、ワクワクするような様々な可能性につなげていくべく、事業を進めてまいります。


ぜひこの趣旨にご賛同いただき、皆様方の温かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

西条市長 玉井 敏久

 

 

応援メッセージ

愛媛銀行 応援メッセージ

西条市SIB事業は、当行、西条市、プラスソーシャルインベストメント㈱の3者が連携協定を結び、2018年度より、地域の皆様による、地域の未来に向けた挑戦を応援するために実施してきた事業です。

 

西条市様は、「SDGs未来都市」に選定されるなど、地域の課題解決に対して熱心に取り組まれています。本事業においても、地域課題の解決につながる様々なアイデアがプロジェクト化しています。今回採択された事業者様も、西条市の明るい未来へ向けた素晴らしい活動をされており、地域を豊かにすることに繋がっていくと思います。

 

当行も、ふるさと銀行として、「オールひめぎん」で応援してまいりますが、本事業の成功には、地域の皆さまの応援が必要不可欠です。地域課題の解決へ向けた「未来への投資」のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。

 

株式会社 愛媛銀行 頭取 西川義教

プロジェクトアセット一覧

SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)とは

 

投資家から集めた出資金を地域の事業者の事業資金に充て、事業実施前に予め決めた成果目標(社会的インパクト)が達成された場合に限って、基礎自治体が、出資者への元本返済や利息支払いなどに充てる資金を、中間支援組織等を通じて支出する仕組みを言います。SIBでは、社会的インパクトの達成をもとに補助金支出を決定するため、行政支出の適正化が図れるメリットがあります。一方で、元本保証がないため、投資家には元本割れのリスクがあることになります。

 

2021年度西条市版SIB仕組み図

 

西条市SIB事業全般に関するお問い合わせ先

 

西条市役所 地域振興課

 〒793-8601 愛媛県西条市明屋敷164番地(西条市役所本館3階) 

 TEL: (0897) 52-1346 FAX: (0897)52-1230 E-mail:chiikishinko@saijo-city.jp

 

 

出資に関するお問い合わせ先

 

プラスソーシャルインベストメント株式会社(お問い合わせフォーム)