「西条市SIB 丹原産はちみつ入り季節の果物ジャム開発プロジェクト」特集ページ

西条市SIB特集ページトップ

 

西条市版SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)とは?

本事業は、地域課題の解決に向けて西条市が実施するものです。成果連動型補助金改革として、採択事業に成果指標を設定しておき、その事業を応援してくださる市民の皆様から出資金を集め、採択事業の事業支援金とします。事業期間終了時に採択事業者が成果を達成していれば、西条市がその元本を中間支援組織を通じて出資者に償還するものです。

 

事業分野

今回の西条市版SIBでは、以下の分野において目的を設定し、事業募集をおこないました。

 

西条市特産品開発事業

西条市の地域資源(歴史・文化、伝統産品、農水産品、観光資源等)を活用した新たな商品の開発や既存商品の改良等により、西条市ならではの魅力ある特産品を開発し、地域産業の活性化を図ることを目的とします。

 

 

採択事業者

◎西条市特産品開発事業

くらしとごはんリクル

 

(写真)左から 櫻井啓太さん、櫻井明日香さん

 

事業者メッセージ

飲食店を営む上で、西条市の旬の素材を料理し、お客様に提供出来る喜びを日々感じています。
西条市は、美味しいお水と四季折々の野菜や果物が充実しており、まさに「食の宝庫」です。
そんな「食の宝庫」西条市で、多くの規格外品、廃棄される果物、販売先に困る農家さんの存在があるのも事実です。


生産者とお客さんの間に立って、生産者の思いを伝えてつなぐことが自分たちの役割だと考えています。
私たちが作るジャムを通じて、西条市の認知度を向上させ地域の課題解決や活性化につなげていくことができたら嬉しいです。
自分たちを成長させてくれた西条市に恩返しする気持ちでジャムづくりやお店づくりに力を入れていき、地域を盛り上げていきたいです。


今回のSIB事業では、私たちの想いや活動を知っていただく1つのチャンスと感じています。
一緒に地域について考えることや、地域に対して何か行動を起こしたいといった方が増えると嬉しいです。
私たちは、そうした出資者さんの想いを受け取りながら強い気持ちで取り組みを進めてまいります。

 

 

 

応援メッセージ

西条市長 挨拶

西条市は、四国・愛媛県の東部に位置し、南は西日本最高峰の石鎚山、北は瀬戸内海に囲まれ、気候は温暖で、豊富で良質な自噴水「うちぬき」に代表される豊かな自然環境をはじめ、古刹や名湯といった魅力的な観光資源も有しています。

 

また、多種多様な農作物の一大産地であるとともに、数々の工場が立地する四国最大規模の工業地帯を形成しています。

 

豊かで活力ある我がまち西条市ですが、少子高齢化・人口減少が急激に進む中、働き手世代の減少やそれに伴う地域産業の衰退、あるいは地域コミュニティの希薄化など、今後様々な社会的課題に直面することが考えられ、もはやそのすべてを行政だけで解決することは困難であり、地域の力を結集してまちづくりを進めていく時代だと認識しています。

 

私は市長就任以来、「ワクワク度日本一の西条」の実現を目標に掲げ、新たな価値観の創造を目指し、西条市に「住んでみたい」「住み続けたい」と思っていただけるまちづくりを推進しています。

 

この西条市版SIBにより、幅広い市民参加による人と人のつながりの再構築、地域内でのあらゆる資源の活用や循環、新たな産業の創出によるソーシャルイノベーションの導出など、ワクワクするような様々な可能性につなげていきたいと考えています。

 

ぜひこの趣旨にご賛同いただき、皆様方の温かいご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

西条市長 玉井 敏久

 

 

 

出資者向け説明会のご案内

 

事業の詳細や、お申し込み方法などについての説明会を、西条市にて開催します。
出資申込方法のご説明のほかプロジェクトの詳細とともに、今後への想いを発信される貴重な機会となります。
プロジェクトを開始される「くらしとごはんリクル」さんの店舗での開催です。
試作品の試食、事業者交流もあります!
皆さまのご参加を心よりお待ちしております!


【開催日時】
6/22(土)
(1)16:00-17:00(15:30受付開始)
(2)19:00-20:00(18:30受付開始)
(※(1)(2)の内容は同じですので、ご都合のよい時間帯をお選びください。)


【開催場所】

くらしとごはんリクル(西条市今在家354-10)
※当日のみ臨時駐車場有り、スタッフがご案内します。


【定員】30名程度(申込先着順)


【参加費】無料


【主催】西条市市民生活部地域振興課/プラスソーシャルインベストメント株式会社

 

 

プロジェクトアセット一覧

SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)とは

 

投資家から集めた出資金を地域の事業者の事業資金に充て、事業実施前に予め決めた成果目標(社会的インパクト)が達成された場合に限って、基礎自治体が、出資者への元本返済や利息支払いなどに充てる資金を、中間支援組織等を通じて支出する仕組みを言います。SIBでは、社会的インパクトの達成をもとに補助金支出を決定するため、行政支出の適正化が図れるメリットがあります。一方で、元本保証がないため、投資家には元本割れのリスクがあることになります。

 

 

 

愛媛銀行による出資金振込口座の提供

 

出資金振込時の手数料について愛媛銀行本店と西条市内5支店における窓口では無料になります。

上記以外の支店及び他行からの振込は手数料が必要です。

※西条市SIBの実施にあたって、2017年12月27日に、愛媛県西条市、株式会社愛媛銀行、プラスソーシャルインベストメント株式会社の三者は、密接に相互協力及び連携することを通じて地域社会における社会的投資の基盤整備を図り、豊かで自立した持続可能な地域社会の実現を図ることを目的として、地域における社会的投資推進に関する協定(ローカルファンド構築事業の推進に関する協定)を締結しています。

 

 

西条市SIB事業全般に関するお問い合わせ先

 

西条市役所 地域振興課

 〒793-8601 愛媛県西条市明屋敷164番地(西条市役所本館3階) 

 TEL: (0897) 52-1346 FAX: (0897)52-1230 E-mail:chiikishinko@saijo-city.jp

 

 

出資に関するお問い合わせ先

 

プラスソーシャルインベストメント株式会社(お問い合わせフォーム)